嫌われる勇気を読みました。

目安時間:約 2分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

とある方からプレゼントをされて、『嫌われる勇気』という本を読みました。

 

dsc_0001

 

内容はアドラー心理学について対話式で理解できるようになっています。

 

心理学ときくと日本だと「ユング」「フロイト」を想像しがちですが、世界的にみるとアドラーも含めた3人が代表的な心理学者なんです。

知らなかった(^_^;)

 

ざっくりいうと、

 

「ユング」「フロイト」が原因論(昔こういうことがあったから今がこうなんだ)に対し、

「アドラー」は目的論(これからこうありたいから今がこうなんだ)という主張です。

 

最初はやはり理解がしがたい部分が多かったです。

 

dsc_0002

 

これまで常識と思っていたことがそうじゃないという衝撃です。

 

そして理解はできるけど実践していくのはさらに難しいと感じました。

 

しかし実践できれば、これからの人生をより豊かに過ごすことができるなとも思いました。

 

dsc_0004

 

 

 

何回も読んで理解を深めたくなるような書籍でした。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
スポンサーリンク
最近の投稿
カテゴリー
タグ